Sitemap

カリフォルニア州の債務の時効とは何ですか?

カリフォルニア州の債務の時効は 6 年です。つまり、債権者は、債務が発生した日から 6 年間しか債務を追及することができません。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。例えば、債権者が債務者による重大な事実の隠蔽について知っているか、または知る理由がある場合、時効期間は最大10年まで延長される可能性があります。さらに、借金の取得に関与した詐欺があった場合、時効期間は最初に発生した時から20年まで延長される可能性があります。

債権者はどのくらいの期間、債務を追及しなければなりませんか?

カリフォルニア州では、債権者は債務を追及するために 3 年間の猶予があります。この時限を「時効」といいます。時効は、借金が実際に返済期日になったときではなく、お金を借りていることに気付いたときに始まります。そのため、3 年間の期限が過ぎるまで債務について知らなかった場合でも、債権者は債権の回収を試みることができます。ただし、債権者が期限を過ぎていると思われる場合は、裁判所に「救済の申し立て」を提出することができます。この請願は、債権者が債務を追求し続けることができるように、時効の延長または放棄を裁判所に求めます。裁判所があなたの請願を認めた場合、債権者はそれを回収するためのより多くの時間を得ることができます.しかし、救済の請願を提出することは必ずしも簡単ではなく、成功が保証されるわけではありません.出訴期限を延長すべき理由、または完全に免除すべき理由を示す説得力のある証拠を提出する必要があるかもしれません。—ナタリー・ベドナーズ

カリフォルニア州の時効は 3 年間で、まだ返済していない借金があることを誰かが知った時点で発効します (その時点では知らなかったかもしれませんが)。誰かが債務を知ってから 3 年以内に破産を申請した場合、無担保の債権者は、彼らから何かを奪おうとすることを禁じられますが、有担保の債権者は、通常の破産手続き中に提出された場合よりも通常ははるかに少ない残りの部分を追求することができます。ほとんどの仕事は社会保障などの退職給付を提供しないため、すべての無担保債務は一掃され、すべての資産は売却されます。

誰かが3年以内に破産を申請したいと思う主な理由は、通常、毎月の支払いを支払う余裕がなく、どちらにしても破産するという岩と困難な場所の間に立ち往生しているように感じるためですが、そうすることですべてが無担保になります。借金は一掃され、家や車などを含む他のすべてが奪われた後に何かが残っていたとしても、賃金差し押さえや資産の差し押さえは発生しません。すべての無担保債務が完全に消去され、有担保ローンの債務のみが残される通常の破産手続と比較して、未払いの債務..

破産法第 707 条 (b) に基づく救済の申請が時効の延長または放棄につながるという保証はありません。ただし、潜在的な利点があるにもかかわらず、多くの人がこのプロセスが役立つと感じています..

破産弁護士は、第 707 条 (b) に基づく救済を求めるか、個々の状況に応じてその他の方法で救済を求めるかにかかわらず、成功する可能性を最大限に高めるために、第 7 章または第 13 章の訴訟を提起する前に弁護士に相談することを個人に推奨することがよくあります。

債権者は、時効が経過した後に訴訟を起こすことができますか.

カリフォルニア州では、債権者があなたの債務を訴えるために従わなければならない時効があります。この時効は通常 3 年ですが、債務の種類によっては、より短い場合も長い場合もあります。時効が満了した後、債権者はあなたの借金に対してあなたに対して法的措置を講じることはできません.ただし、これは彼らがあなたから借金を回収しようとするのをやめるという意味ではありません。債権者は依然としてあなたの借金についてあなたに連絡し、賃金差し押さえや資産差し押さえなどの他の手段であなたから借金を取り戻そうとするかもしれません.時効が経過しても借金を返済しない場合、債権者は、お金を取り戻すために法的措置を講じる可能性があります。

借金を返済しない場合、債権者は自動的に私を訴えますか?

カリフォルニア州では、債権者が債務を追及する期間は限られています。通常、債権者は、最初の債務の日付から訴訟を起こすまでに 2 年間の猶予があります。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、債権者が訴訟を起こす前に債権を回収しようとした場合や、債務者が破産している場合などです。この期間内に借金を返済しない場合、債権者は代わりにあなたを訴えることを選択する可能性があります。

債権者は、延滞債務についてどのくらいの頻度で私に連絡できますか?

カリフォルニア州では、債権者は延滞後最長 3 年間、債務を追及する権利を有します。その期間が経過した後、債権者は、未払いの残高がある場合、または債務に関連する他の法的手続きがある場合にのみ、債務についてあなたに連絡することができます.

債権者が古い借金について私を訴えた場合、どうすればよいですか?

カリフォルニア州の債権者に借金がある場合、債権者はその債務についてあなたを訴えることができます。通常、債権者は、元の債務の日付から 2 年間、訴訟を起こすことができます。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、借金を不正に隠したり、虚偽の表示をした場合、債権者はあなたを訴える時間が少なくなる可能性があります.また、債務の時効がすでに満了している場合、債権者はその債務についてあなたを訴えることはできません。

債権者との取引に関して、私にはどのような権利がありますか?

借金に関しては、カリフォルニア州の債権者について知っておくべきことがいくつかあります。一般的に言えば、債権者は、返済期日から最長 3 年間、債務を追及する権利を有します。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、破産を申請した場合や、債権者が借金を回収できない場合などです。さらに、学生ローンなどの特定の債務は、債権者によって無期限に追跡される可能性があります。あなたの権利を守り、債権者の権利を理解するためには、弁護士に相談することが重要です。

自分で債権者と交渉できますか、それとも弁護士が必要ですか?

債権者がカリフォルニア州で債務を追求できる期間の長さは、各ケースの特定の事実と状況によって異なるため、この質問に対する決定的な答えはありません。しかし、一般的に言えば、債権者が債務を回収するために法的措置を取る期間は限られています (通常は約 6 か月)。自分で債権者と交渉することができれば、債権者があなたに対して取立手続きを進める時間を短縮できる可能性があります。債権者との交渉で支援が必要な場合、または法的助言を求めたい場合は、弁護士に相談してください。

債権者からの不要な連絡を完全に止めるにはどうすればよいですか?

債権者がカリフォルニア州で債務を追及するための期限は設定されていません。しかし、債権者が債権回収を試みなければならない期間が長くなればなるほど、それは難しくなります。通常、債権者は債務不履行の日 (債務を支払わなかった日) から 6 か月以内に訴訟を起こし、判決を下します。その後、彼らは判決を回収するために3年間の猶予があります。3年以内に徴収しない場合、判決は自動的に失効します。この規則にはいくつかの例外があります: 支払いの失敗に詐欺が関係していた場合、または時効がすでに期限切れになっている場合。このような場合、債権者は、たとえ 6 か月の期限が過ぎていても、あなたの借金を追及することができます。最後に、学生ローンなどの特定の種類の債務には、州によって異なる特別な時効があります。債務の支払いに問題があり、解決の手助けが必要な場合は、弁護士に相談することを検討してください。

債権者による訴訟に対する一般的な抗弁にはどのようなものがありますか?

債権者は、債権者からの通知を受け取ってから 30 日以内に債務者が支払いを行わない場合、カリフォルニア州で債務の回収を訴えることができます。債務者が書面による支払い要求に応じない場合、債権者は債権の回収を訴えることもできます。債権者は、それを回収するのにかかる限り、債務を追求することができます。債務者は、債務の支払いを免除されていること、または債務が無効であることを証明するなど、債権者による訴訟に対して防御することができます。

裁判で勝てば、借金は完全になくなるのでしょうか?

カリフォルニア州では、債権者は、判決が下されてから最長 3 年間、債務を追及することができます。その後、時効が始まります。これは、債権者があなたからの借金を回収するのに 3 年しかないことを意味します。この 3 年間のいずれかの時点で、債権者があなたからの回収を試み、あなたが法廷で債務に異議を唱えた場合、あなたに有利な最終判決が下されるまで時効が延長されることがあります。ただし、時効が延長されたとしても、債権者があなたからの借金を回収できる可能性は依然としてあります。

債権回収会社は、私の未払い債務を信用調査会社に報告できますか?

債権者がカリフォルニア州で債務を追及できる期間に制限時間は設定されていません。ただし、コレクションの権利を維持するためには、従わなければならない特定のルールがあります。通常、債権者は、あなたとの最後の連絡の日から 6 か月以内に、訴訟を起こすか、債務を回収するためのその他の法的措置を取ることができます。債権者による債権回収の試みにあなたが応じない場合、彼らは最終的にあきらめ、試みをやめる可能性があります。

債権が債権回収会社に売却された場合、他の会社でも回収を試みることはできますか?

カリフォルニア州では、債権者は債権回収業者に売却された後、最大 6 年間債務を追及することができます。その後、新しい回収者は元の債権者からのみ回収することができます。