Sitemap

債権者の債権回収の時効とは?

債務を回収する債権者の時効は、債務が発生した州によって異なる可能性があるため、この質問に対する答えは 1 つではありません。ただし、一般に、ほとんどの州には 3 年から 6 年の範囲の時効があります。そのため、あなたが債務を滞納していて、6 か月以上支払いを行っていない場合、債権者はあなたに対して法的措置を取ることができる可能性があります。ただし、すべての規則には例外があることを覚えておくことが重要です。そのため、州の出訴期限が不明な場合は、常に弁護士に相談することをお勧めします。

過去の借金を完済した場合、時効はリセットされますか?

時効とは、債権者が債権を回収するために訴訟を起こすなどの法的措置を講じなければならない期限のことです。時計は、借金について最初に知ったときではなく、借金が発生した日から時を刻み始めます。したがって、時効内に古い借金を返済した場合、債権者はそれ以上の法的措置を講じることができなくなります。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、固定住所を持たない人にお金を借りている場合、実際に訴えられるまで時計は動きません。

債権者は、時効が経過した後にあなたを訴えることができますか?

時効とは、債権者が債務者に対して訴訟を起こすことができる期間のことです。一般的に、時効は、あなたが借金を知ったとき、または債権者によって発見されるべきだったときに始まります。債権者が債務の回収を試みることができる期間は、債務の種類と発生した州によって異なります。

通常、債権者は、債務不履行の日 (最初に支払わなかった日) から 3 年間、あなたを訴えます。ただし、この規則にはいくつかの例外があります。たとえば、あなたのローンがその後売却された財産によって担保されていた場合、またはあなたのローンが他人の死亡を伴う金銭的和解の一部として与えられた場合、債権者は債務不履行の日から 4 年間あなたを訴えることができます。

誰かが適用される時効期間を超えて借金を回収しようとしていると思われる場合は、弁護士に連絡することを躊躇しないでください.弁護士は、あなたの権利を保護し、法律に従って収集作業が行われるようにすることができます。

時効債務とゾンビ債務の違いは何ですか?

時効債権とは、法的に回収を禁じられている債権のことです。一方、ゾンビ債権とは、法的に回収を禁じられた後も未払いのまま残っている債権のことです。これは、債権者が、裁判所によって債務の消滅が宣言された場合でも、引き続き債務の回収を試みることができることを意味します。

古い借金がある場合、債権者はあなたの賃金を差し押さえることができますか?

債権者は、最初の義務の日付から最大 3 年間、さらにその後 1 年ごとに 6 か月間、債権の回収を試みることができます。この期間の終了時にまだ借金がある場合、債権者はあなたの賃金を差し押さえることができるかもしれません。ただし、借金があり、賃金が差し押さえられている場合は、一定の保護を受けることができます。これがあなたに起こる可能性があると思われる場合は、あなたの特定の状況について弁護士に相談してください.

破産を申請した場合、債権者がゾンビの借金を回収しようとするのを止めることができますか?

この質問には、特定の状況に依存するため、答えはありません。一般的に、債権者は、あなたが破産を申請した後、借金を取り戻そうとする限られた時間しかありません。ただし、この規則にはいくつかの例外があるため、自己破産を検討している場合は弁護士に相談することが重要です。一般に、自己破産を申請する前に発生したほとんどの債務は、自己破産の決定の影響を受けず、引き続き債権者によって回収されます。ただし、養育費や慰謝料などの一部の債務は、破産している間は徴収されなくなる可能性があります。すべての債務がカバーされ、破産申請の結果を理解するために、特定の状況について弁護士に相談することが重要です。

債権者が消費者から債権を回収しようとする一般的な方法は何ですか?

債権者が消費者から債権を回収しようとする方法はたくさんあります。

積極的な債権回収者から消費者を保護する法律はありますか?

積極的な債権回収者から消費者を保護する法律がいくつかあります。1 つの法律は、1977 年に可決された公正債権回収慣行法であり、債権回収者が借り手とやり取りする方法を規制しています。この法律は、債権回収者が債務者の債務の状況に関する情報を提供し、借り手に連絡するための合理的な試みを行い、嫌がらせや悪用をしないことを義務付けています。

積極的な債権回収者から消費者を保護するもう 1 つの法律は、消費者信用保護法です。この法律は 1968 年に可決され、債権者が信用サービスに請求できる金額の制限や請求に異議を唱える権利など、消費者保護を提供しています。

積極的な債権回収者から消費者を保護する州法もあります。たとえば、カリフォルニア州では、不正競争法により、企業が債権を回収する際に不公正または欺瞞的な行為に関与することが禁止されています。

積極的な債権回収者から消費者を保護する法律がいくつかありますが、借り手が債権回収者から嫌がらせや虐待を受けているケースも数多くあります。債権者があなたに嫌がらせをしている、または法律の下であなたの権利を乱用していると思われる場合は、あなたの状況について弁護士に相談する価値があるかもしれません.

債権者が古い借金について私に電話するのを止めるにはどうすればよいですか.

延滞債務がある場合、債権者は「時効の回収」として知られる期間、それを回収しようとすることがあります。これは州によって異なりますが、ほとんどの場合、債権者は元の債務の日付から 3 年から 6 年後にそれを回収しようとします。債権者があなたの借金について虚偽の情報を与えられた場合や、あなたが借金に関して詐欺を犯した場合など、この規則にはいくつかの例外があります。債権者が、回収時効を過ぎた古い借金についてあなたに連絡しようとしていることがわかっている場合は、それらを止めるために実行できるいくつかの手順があります。まず、債権者に、この特定の債務についてあなたに連絡できるはずだと思う理由と、彼らの主張を裏付ける文書があるかどうかを尋ねます.債権者が自分の主張を裏付ける証拠を提供できない場合、法的にあなたに連絡できない可能性があります。また、自分の権利が侵害されたと感じた場合、州の消費者保護機関に苦情を申し立てる権利もあります。最後に、債権者が時効の回収期限外の古い借金についてあなたに連絡するのを止めたとしても、彼らはその借金に関連する損害賠償のために法廷であなたを訴えることができるかもしれないことに注意してください.