Sitemap

457bリタイアメントプランとは?

457 プランは、雇用主が従業員に税繰延べ預金口座を提供できるようにする退職プランです。従業員は年間最大 18,000 ドルを寄付することができ、雇用主は寄付額をドルごとに一致させます。457 プランは、中小企業や非営利団体で最も一般的に使用されています。

457 プランには、他の退職プランに比べていくつかの利点があります。

  1. 拠出は税引前ベースで行われます。つまり、従業員が拠出を行った場合、従業員の所得は課税されません。これにより、口座から早期にお金を引き出すことに関連する税制上のペナルティがないため、時間の経過とともにより大きな寄付が行われる可能性があります.
  2. アカウントはポータブルです。つまり、従業員が仕事を辞めたり、会社を変えたりした場合に、お金を持ち歩くことができます。これは、従業員が自分のビジネスを開始し、457 プランの資金をスタートアップ資金として使用したい場合に特に役立ちます。
  3. アカウントの手数料は低く、通常、資産の 25% のみが年間請求されるため、退職に備えて費用対効果の高い方法で貯蓄できます。
  4. アカウントには最小限の事務処理要件があります。参加者の合計残高と投資実績 (ある場合) を報告するフォームを毎年 1 つ提出する必要があります。

457 b 退職プランはどのように機能しますか?

457 プランは、米国の雇用主が提供する退職貯蓄プランです。このプランにより、従業員は税引き前のドルを使用して退職のために貯蓄することができます。従来の年金プランに加入していない従業員は、457 プランに加入する資格がある場合があります。

457 プランの利点は次のとおりです。

従業員は、アカウントに年間 18,000 ドルまで寄付できます。

雇用主は、従業員の給与の最大 3% まで従業員の拠出を一致させることができます。これにより、節約できる総額が増加します。

457プランは、連邦所得税と社会保障税が免除されているため、退職後のお金を節約するための貴重なオプションになります.

あなたが仕事を辞めた場合、またはあなたの会社が 457 プランへの参加を終了した場合でも、アカウントに入金されたお金は引き続き引き出すことができます。

職場で 457 プランへの参加を検討している場合は、意思決定を行う前に、このタイプの退職貯蓄手段に関連する規則と制限を理解することが重要です。457 プランの仕組みと資格要件の詳細については、今すぐ経験豊富なファイナンシャル アドバイザーにご相談ください。

457 b 退職プランの対象者は誰ですか?

457 プランは、雇用主が提供する退職プランです。これらは、プランへの加入時に雇用主での勤続年数が 5 年未満の従業員向けに設計されています。従業員は、401(k) またはその他の資格のある退職プランに参加する資格があり、457 プランに参加する年に 401(k) またはその他の資格のある退職プランに選択的延期を行っている必要があります。従業員の 457 プランへの拠出金は、他の給与と同様に通常の給与収入として扱われます。

457 プランには、従来の IRA や 401(k) に比べていくつかの利点があります。まず、寄付は税控除の対象となるため、参加者は税金を心配することなく、毎年より多くのお金を節約できます。第 2 に、401(k) や IRA とは異なり、従業員は年間の拠出限度額に達した後も拠出を継続する必要がありますが、457 プランの参加者は、毎年必要なだけの金額を拠出できます (雇用主の制限に従います)。 .最後に、457 プランは個人ではなく雇用主が後援するため、通常、最低限の初期投資要件はありません。つまり、ほとんどの従業員は退職後の貯蓄をすぐに開始できます。

457 プランが将来の経済的保証にどのように役立つかについて詳しく知りたい場合、または既に 457 プランに登録していて、そのメリットを最大化するためのヒントが必要な場合は、[電話番号] までご連絡ください。

参加者はいつ a457 b 退職プランからの撤退を開始できますか?

457 b 退職プランは、従業員が年間 18,000 ドルまで拠出できる、雇用主が後援する退職プランの一種です。参加者は、50 歳に達するとすぐに 457 b 退職プランから資金を引き出すことができます。さらに、参加者は、必要に応じて、退職中にいつでも資金を引き出すことができます。

457 b 退職プランの拠出限度額はいくらですか?

457 b 退職プランの最大拠出額はいくらですか?457 b 退職プランの利点は何ですか?

457(b) 退職プラン: 知っておくべきこと

457(b) リタイアメント プランは、雇用主が提供する税金繰延貯蓄口座の一種です。これらのプランの主な利点は、従業員が年間 18,000 ドル (50 歳以上の場合は 24,000 ドル) まで寄付できることです。このお金は、退職して社会保障給付を受け始めるまで非課税になります。

457(b) 退職金制度の拠出限度額も寛大です。雇用主は、従業員 1 人あたり最大 53,000 ドルをこれらの口座に積み立てることができます。つまり、給与のほぼ半分を違約金なしで貯めることができます。さらに、雇用主は、給与の最大 3% (または年間 3,000 ドルのいずれか大きい方) まで、1 ドルごとにあなたの拠出金を相殺する場合があります。これらの寛大な福利厚生により、457(b) 退職プランは多くの労働者にとって魅力的な選択肢となっています。

457(b) 退職プランの最大拠出限度額は、所得水準と雇用主年金プランの対象であるかどうかによって異なります。雇用主の年金制度に加入していない個人の場合、上限は年間 19,500 ドル (50 歳以上の場合は 27,500 ドル) です。雇用主の年金を持っているが、他の職場の補償範囲 (401k プランなど) を持っていない個人の場合、上限は年間 25,500 ドル (50 歳以上の場合は 41,000 ドル) に引き上げられます。最後に、雇用主の年金とその他の職場補償 (401k プランなど) の両方を持っている個人の場合、上限は年間 31,500 ドル (50 歳以上の場合は 46,000 ドル) に引き上げられます。

457(b) 退職金口座には次のようなメリットがあります。

1.税の繰り延べ成長: 退職して社会保障給付を受け始めるまで、拠出金は非課税になります。 2.柔軟な投資オプション: 多くの企業が 457(b) プランで投資オプションを提供しており、さまざまな株式や債券から選択できます。 3.従業員の貢献は会社に残ります: あなたの会社が倒産したり、後になって従業員を削減したりしても、あなたが戻ってきたときに蓄積された貢献はまだ残っています!4.簡単な引き出しオプション: 退職前であっても、ペナルティなしでいつでもアカウントから資金を引き出すことができます!5.インフレに対する強力な保護: 先に述べた拠出金の年間増加額が保証されているため、お金は時間の経過とともにインフレに対応できます 6 。経済的困難に対する保護: 失業や病気などの事態が発生し、アカウントへの毎月の支払いを継続できなくなった場合、残高は IRA などの別の資格のあるアカウントに転送されます。 7 。生存者の権利の強化: 口座にお金が残っている間に誰かが亡くなった場合、その配偶者/同居人は検認手続きなしで自動的にそれらの資金を継承します 8 。複利収益の最大化: 457(b) プランを通じて投資された資金は、キャピタルゲイン率ではなく通常の所得率で連邦税が課されるため、他のほとんどの種類の投資よりも早く蓄積されます 9 。管理の簡素化: 多くの企業が、これらのアカウントの管理を容易にするオンライン ツールを提供しています 10。長期的な財政的安定を達成する可能性が高まる 11.投資に伴うリスクの軽減 12.手数料が安い 13.移植性 14 ..さらに!

457B 退職金制度の拠出限度額 - いくら節約できますか?報酬の総額が特定の制限*を超えない限り、適格なセクション 501 c3 組織*を含む適格な雇用後援の繰延報酬契約に向けて、暦年ごとに最大 18,000 ドル* (*キャッチアップ拠出については下記の注記を参照*) を拠出することができます。

a457 b リタイアメント プランからの早期撤退に対する罰則はありますか?

457 退職金制度は、従業員が退職のためにお金を貯めることができる貯蓄口座の一種です。すぐに退職する予定がある場合は、早期にお金を引き出すことに対する罰則があるかどうかを知っておくことが重要です。

退職年齢に達するまで少なくとも 5 年残っている限り、59½ 歳に達する前に 457 退職プランからお金を引き出しても罰則はありません。ただし、65 歳になる前にお金を引き出すと、結果が生じる可能性があります。たとえば、65 歳になる前にお金を引き出すと、適用されるその他の税金に加えて、収益が最大 50% 減額されます。さらに、55 歳に達してから 5 年以内で 59½ 歳に達する前にお金を引き出した場合、適用される可能性のある他の税金に加えて 10% のペナルティが課せられます。最後に、59½ 歳に達した後、退職年齢に達する前にお金を引き出すと、適用される可能性のある他の税金に加えて 20% のペナルティが課せられます。

予定よりも早く退職するために 457 退職プランから資金を引き出すことを検討している場合は、考えられるすべての結果と税金への影響を理解するために、会計士またはファイナンシャル アドバイザーに相談することが重要です。

457 b 退職プランからの分配金はどのように課税されますか?

457 b の退職金制度に毎年拠出できる限度額はいくらですか?457 b 退職プランの利点は何ですか?

457(b) 退職プランでは、従業員は税引き前の金額を拠出することで、退職後の貯蓄を行うことができます。拠出金は税控除の対象となり、退職後の分配金(支払い)は所得として課税されます。毎年 457(b) 口座に拠出できる額に制限はなく、退職時に拠出するまで、拠出額は税控除の対象となります。

457(b) 口座の主な利点は、生涯にわたって寄付を行い、分配金を受け取ると、連邦所得税が免除されることです。これは、投資収益が成長している間は税金から保護され、59½歳以降に引き出した場合、アカウントの成長は連邦所得税から完全に免除されることを意味します.さらに、59½ 歳になる前に仕事を辞めた場合、アカウントの残高は州および地方の所得税も免除されます。

457(b) 口座を持つことには、他にも利点があります。これらの拠出金に対する特定の種類の税金 (自営業税など) の支払いを延期できる可能性があり、雇用主マッチング ファンドにより、全体的な貯蓄額が増える可能性があります。最後に、457(b) 口座からの引き出しは課税所得と見なされるため、これらのプランを利用することで将来の課税所得を減らすことができます。

457 b リタイアメント プランの資金を別の資格のあるリタイアメント プランに繰り越すことはできますか?

457 プランは、雇用主が従業員に提供する退職貯蓄プランです。457 プランでは、従業員は税金の繰り延べ口座にお金を貯めることができます。457 プランの資金は、資格のある別の退職プランに繰り越すことができます。ただし、ロールオーバーした場合の資金の使途には制限があります。

参加者が死亡した場合、a457b Retirement Plan の資金はどうなりますか?

457b 退職プランは、従業員が退職のために貯蓄できるように設計されています。457b プランの参加者が死亡した場合、プラン管理者は資金をどうするかを決定する必要があります。最も一般的なオプションは、参加者の受益者にお金を分配することです。ただし、お金を投資したり、借金を返済したりするなど、利用可能な他のオプションがあります。参加者の死亡後に 457b プランをどのように処理すべきかについて質問がある場合は、ガイダンスを提供できる会計士または弁護士に連絡してください。

a457b Retirement Plan の資金は に対して借りることができますか?

457b 退職プランは、従業員が退職のために貯蓄できるようにする税繰延貯蓄口座の一種です。457b の資金は借りることができるため、退職後の貯蓄時にいくらかの流動性を提供できます。ただし、457b からのローンの金利は通常、従来の銀行ローンよりも低くなります。さらに、457b に対する借り入れには、ローンを組む前に考慮すべき他の関連費用 (オリジネーション手数料など) がかかる場合があります。

11 a457b リタイアメント プランへの拠出に年齢制限はありますか?

457b リタイアメント プランへの拠出に年齢制限はありません。勤務中であっても、いつでも寄付をすることができます。2017 年の最大寄付額は $18,000 です。50 歳以上の場合、拠出限度額は $24,000 に引き上げられます。

12 すべての雇用主が a457b 退職プランを提供していますか?

457プランは、ほとんどの雇用主が提供する退職プランです。これにより、従業員は税引き前ベースで退職に備えて貯蓄することができます。これは、従業員が節約したお金に対して税金を支払う必要がないことを意味します。

457 プランは、セットアップと管理が簡単なため人気があります。ほとんどの企業は、従業員福利厚生パッケージの一部としてそれらを提供しており、通常、サインアップして保存する以外に、あなたの側で何かをする必要はありません.

457 プランには多くの利点があります。

-年間18,000ドル(50歳以上の場合は24,000ドル)まで寄付できます。

-あなたの寄付はドルごとにマッチングされるため (給与の最大 3%)、さらに多くのお金を節約できます。

-退職前に仕事を辞めた場合でも、457 プランのアカウントは、完全に使い果たされていない限り引き続き利用できます。

-アカウントがまだアクティブな間に死亡した場合、受益者は引き続き恩恵を受けます。

457 プランにはいくつかの欠点があります。

- 特定の業界 (特に公共部門) の労働者にのみ適用されます。

- 仕事を辞めるか、早期退職しない限り、すべての貯蓄にアクセスできない場合があります。

13 ある人が、別の種類の適格な退職プランではなく、なぜ a457b 退職プランに参加することを選択するのでしょうか?

457 b 退職プランは、従業員が退職のためにお金を貯めることができる資格のある退職プランの一種です。457 b 退職プランは、税の繰り延べ成長や連邦所得税の軽減など、多くのメリットを提供します。別の種類の資格のある退職プランではなく、457b 退職プランに参加することを選択する理由として、次のようなものがあります。

-従業員は、いつでも転職または退職できる柔軟性を望んでいる場合があります。

-従業員は、他のタイプの資格のある退職プランよりも多くの金額を 457b 退職プランに寄付できる場合があります。

- 従業員は、退職に備えて働いて貯蓄している間、税金が繰り延べられることを知っているという追加のセキュリティを望んでいる場合があります。